バイアグラが効かない場合がある?

バイアグラが効かない場合がある?

国内のクリニックで処方されているED治療薬は現在3種類で、最初に処方されるようになった「バイアグラ」は多くの男性が服用している最もポピュラーなED治療薬として知られています。

服用してから約1時間後に効果のピークとなり、個人差はありますが約4時間から5時間程度の持続効果が期待出来ます。ED解消に大きな効果を発揮する薬ですが、中には「効かない」と感じる方もいるようです。

あまり効果を感じないという場合、どのような要因があるのでしょうか。この薬は摂取するタイミングで、効き目が悪くなってしまうケースがあります。

EDを解消するために含まれている有効成分、シルデナフィルは食事の影響を受けやすいようです。食後に服用してしまうとシルデナフィルの吸収率が悪くなってしまい、思ったような効果を得られません。

また、食後すぐでなくても服用する数時間前に、脂っこい食事をしている事も効き目を悪くしてしまう要因の1つです。

食事の影響によって効果が低くなってしまうのを予防するには、食後に服用する場合は食事の影響を関挙げて、2時間以内は服用しないようにする、油分の多い食事は避けるという工夫が必要です。

食事による影響意外にストレスや、精神的な問題によっても効かないというケースがあります。

ストレスなど心因性に起因するEDは、性欲自体が減少して起こるのが特徴です。バイアグラはEDを解消する薬ですが、性欲を増すような催淫効果はありません。

EDを引き起こす酵素の働きを阻害したり、血行を良くする事で勃起力を高めます。精神的な問題でEDになっている場合、酵素や血行の悪さが原因ではないため服用しても、効き目を感じる事が出来ないのです。

ストレスなど精神的なものが原因のEDは、他の治療法を受けて解消しましょう。年齢を重ねた方の場合、老化や神経障害、全身機能の衰えなどによって服用しても効き目を感じられないケースがあります。

特に60歳を過ぎると急激に勃起力が低下してしまうので、バイアグラを服用しても効き目が悪いと感じる方が増えるようです。この他には血管機能の低下や糖尿病や動脈硬化など、持病を抱えている場合も効かないと感じるリスクが高まります。

もし服用しても効かない場合は、バイアグラを処方してもらったクリニックにまずは相談してみましょう。正しい服用方法を教えてもらえるので、間違った飲み方によって効き目が悪いという場合は改善する事が出来ます。

もし持病や精神的な問題で効かないという場合も、適切な治療を提案してくれるので安心です。